読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つわりの吐き気や頭痛を楽にするための方法~妊娠初期の過ごし方~

妊娠初期の過ごし方とつわりの吐き気や頭痛を少しでも楽にするための様々な方法を紹介。これで妊娠初期を上手に乗り切りましょう!

すぐできる!酷い頭痛に効くツボを押してみましょう

つわり時の頭痛を和らげる方法

妊娠中の頭痛は薬に頼る前にツボを試してみることもおススメです。

私は吐き気を抑えるツボを実践していたので頭痛が現れた時もまずツボ押しを実践しました。吐き気の時よりも頭痛のツボの方が押してから早く効果を感じましたよ。

 

ツボ押しの基本

ゆっくりと深く3秒ほど押します。

押すときと同じようにゆっくり離しますが、手は皮膚から離れないように。これを5回ほど繰り返します。

呼吸は吐きながら押し、吸いながら離しましょう。

 ひどい頭痛に効くツボ

1.風池(ふうち)

頭痛や肩こりを解消するツボです。自律神経失調症の治療によく使われます。

妊娠中の頭痛に限らず普段の頭痛、肩こりにも使えるので知っておくと便利です。産後の授乳やミルクを飲ませる時は下を向くので非常に肩がこりやすくなります。覚えておくことで産後も使えますよ!

場所は後頭部の首の付け根になります。首の太い筋肉の外側のくぼんでいる中にあり、髪の生え際になります。親指をツボに当て、他の指で頭を支えるようにして押します。

f:id:okopoya:20170221113405j:plain

 

 

2.天柱(てんちゅう)

天柱は緊張性頭痛特有の締め付けられるような痛みに効きます。

風池の上、首の中心にある筋肉のすぐ外側で髪の生え際にあります。同様に親指をツボの当てるので風池から天柱へと頭の中心に向かって押し上げるとGOOD。

 

3.百会(ひゃくえ)

百会は不眠・頭痛・自律神経失調症などに効きます。

頭のてっぺんにあり、両耳と鼻のから引いた線が交わる所になります。

ゆっくりと下に向かって押してください。 

f:id:okopoya:20170221130447j:plain

4.肩井(けんせい)

肩井は肩こりに効くツボなのですが、肩こりの時は頭の血行も悪くなっていることが多いため肩こりの解消は頭痛の解消にもつながるのです。肩こり・頭痛・偏頭痛に効きます。

肩の先と首のちょうど間にあります。

 

f:id:okopoya:20170221131819j:plain

 

どれも頭~肩にかけてのツボなので押しただけでも気持ちよく感じると思います。ゆっくり深くおすことで頭が軽くなった感じがしませんか?

自分で押してもいいですが、身近な人に協力して押してもらうともっといいと思います。もしも押すことによって気分が悪くなるようなことがあればすぐに中止してください。

ツボはきちんと行えば副作用もないので妊婦さんにはおすすめです。