つわりの吐き気や頭痛を楽にするための方法~妊娠初期の過ごし方~

妊娠初期の過ごし方とつわりの吐き気や頭痛を少しでも楽にするための様々な方法を紹介。これで妊娠初期を上手に乗り切りましょう!

つわりで鬱になりそうな時に絶対読んで欲しい本

毎日毎日ひどい吐き気と嘔吐。初めのうちは「赤ちゃんのために!」「何とか乗り越えよう!」と思えるのですが、あまりにつらい日々が続くと正直そんなことも思えなくなってきます。

 

周囲に変な風に思われたくなかったので言えませんでしたが、心の中ではこんなに苦しめる赤ちゃんが憎いと思うことさえありました。

 

私の叔母は産むまでひどいつわりで、分娩台の上でも吐いていたそうです。

おかしくなってお腹を叩いたこともあるそうです・・

 

きっと経験していない理解できない人から見たら「せっかく授かった命なんだから」とか「つわりで悩むなんて贅沢」となるでしょう。

 

でも、経験したからわかります。

 

そんなきれいごとでは済まないって。

 

f:id:okopoya:20170601114151p:plain

つわりがひどすぎてうつ状態になった

毎日寝ている時以外は常に気持ち悪くて座っていられない、かといって横になっても気持ち悪い状態でした。

 

酷い時には目を開ける気力もない。

誰とも会話をしたくないから近寄らないで。

大丈夫?って声かけられても返事する気力もない。

突然泣くし、突然唸り声。

それ以外は無。

 

もちろんいつも近くに洗面器。だって嘔吐トイレまで行けないから。

つわりの期間が始まって間もなく私の状態はこんな感じでした。

 

携帯画面を見るだけで吐き気が増す。意識してみたのは時計くらいかな。今日はあと何時間我慢すれば終わるかなって。

 

つわりでうつ状態の心にも響いた本

 

どんな励ましも、どんな同情も私の心には届きません。むしろつわり知らないくせにって思ってたくらい。

 

そんな時に産院にあって偶然読んだ本があります。

それがこれ。

 


 

 

私泣きました。めっちゃ泣きました。

どんな励ましよりも心に刺さりました。

自分の気持ちを見透かされているような気がしたんです。

おかあさん、
わたしを知った日のことをおぼえていますか?

(中略)

わたしをうとましく思い、もういらないとつぶやいたことを、私の重さに耐えかねて、自分を情けないと責めたことを、わたしはよーくおぼえています。

おかあさん、あなたとわたしはひとつです。

(中略)

 

あなたの思いはわたしの思い、あなたとわたしは、ひとつです。

 書籍 私があなたを選びました 引用

一部引用しましたが、すべて心に刺さる内容でした。

わかっているんです、頭では。

赤ちゃんも辛くても頑張っていることを。でもこの時の私はそんなことも考えてあげられないくらい自分のことしか考えられませんでした。

 

でもこれを読んだらまだまだ小さなわが子だけど、私と一心同体なんだって。私を選んできてくれてるんだって。

 

なんか色々な気持ちがあふれてきたんです。

f:id:okopoya:20170603052027j:plain

つわりでなにもかも嫌になったら

本、おすすめです!

自分の中で忘れていた初心を思い出しました。

 

気持ちをリフレッシュしてみてくださいね。