つわりの吐き気や頭痛を楽にするための方法~妊娠初期の過ごし方~

妊娠初期の過ごし方とつわりの吐き気や頭痛を少しでも楽にするための様々な方法を紹介。これで妊娠初期を上手に乗り切りましょう!

つわりとはちみつの意外な関係!その効果効能に驚き!

つわりに最高の食材を見つけました。それは蜂蜜。蜂蜜の効果効能マジでやばいです。つわり中でもスプーンいっぱいでも食べられるようだったらぜひ試して欲しい食材なんです。

 

 

今回はなぜつわりに蜂蜜がオススメなのか紹介していきますね。

つわりにはちみつがオススメな理由とは

f:id:okopoya:20180222013252p:plain

蜂蜜は胃の不調を改善してくれるアイテムです。妊娠によって胃腸の働きは低下してしまい、消化不良を起こしやすくなっています。

 

 

 

さらにつわりによって食生活が乱れ、胃がやられている時人は多いのではないでしょうか?そんな時にも蜂蜜は消化吸収が良く胃に優しいのでオススメ。

また消化不良によって引き起こされた逆流性食道炎の辛い症状を緩和してくれる効果もあります。

 

 

 

さらに蜂蜜には殺菌作用があります。なのでつわりで歯磨きが気持ち悪いと言う人にもオススメ。私は毎日歯磨きしながらオエッとしていました(ノД`)・゜・。…本当に毎日歯磨きが辛かった。

そんなときには、蜂蜜を水で薄めてうがいをすると言うのもあり!殺菌作用で虫歯予防にもなるし、歯石の予防にもなるのです。あの歯磨き粉の口に入る感じが苦手と言う形は蜂蜜を試してみてもいいと思います。

 

 

 

さらに、オリゴ糖が含まれているので便秘解消にも役に立ちます。つわりで食事が偏っていたり、水分が取れない、または吐いてしまうと言う人には便秘が付きまとってきますよね(>_<)

そんな便秘にもオリゴ糖が善玉菌の餌となり腸内環境を良くしてくれるので改善が期待できます。

 

 

 

肌トラブルを起こしている人も中にはいると思います。食事がろくにとれていなくて栄養が不足していたり、お化粧しても体調不良で落とせずに寝てしまったり、、蜂蜜にはビタミンB群が含まれているので美肌効果があるのです。

 

 

 

吐きづわりで食事がろくに取れない人にもオススメな蜂蜜ですが、逆に食べづわりの方にもオススメなんですよ。

私は食べづわり、吐きづわりの両方で空腹でも吐き食事しても吐くと言う状態でした。ですので、空腹にならないために1日に5〜6回に分けて食事をしていたので吐いてはいてもカロリーが結構取れていたんです。

 

 

 

だから吐いてるのに体重が減らない( 苦笑)

体重管理にも蜂蜜はお砂糖よりもカロリーが低いのでオススメなんです。食べづわりの方はやはり体重が気になりますよね。そんな時にはお砂糖の代わりにハチミツを使ってみるというのも1つの手です。

妊婦がはちみつを食べて胎児に影響は無いの?

1番気になるところですよね。1歳未満の子が蜂蜜を食べてしまうと死亡してしまうこともあるので絶対に食べさせていけません。まだまだ消化機能が未熟な一切の一歳未満の子供は蜂蜜に含まれているボツリヌス菌の毒素に負けてしまうからです。

 

 

 

しかし、妊娠中に蜂蜜を食べても胎児に影響はありませんよ!胎盤から胎児に菌が移行する事は無いのでご安心を。

効果のあるはちみつの選び方と気をつけたいこと

値段だけ見て安い蜂蜜を買うのはちょっと待って。加熱されている蜂蜜は成分が壊れていることがあるので避けて下さい。また加工されているものも避けて下さいね。

 

 

 

ちょっと高いけど純粋な生の蜂蜜を選んでください。この蜂蜜をスプーン数杯1日の中で食べればOK。そのまま食べるのが本当は1番良いのだけれど、つわりの時にはちょっと厳しいですよね…

 

 

 

そんなときには、本当に少量の蜂蜜を飲み物に入れてみたりヨーグルトに入れてみたりして食べれそうなものに混ぜちゃいましょう。スプーンに半分でも何回かに小分けにすれば食べやすいのではないでしょうか。

 

 

 

つわりの嘔吐が結構胃がやられていたり、便秘がひどかったり。そんな人ははちみつ生活を始めてみるのがオススメです。。無理のない少量で良いので大丈夫そうな人は試してみてくださいね。