読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つわりの吐き気や頭痛を楽にするための方法~妊娠初期の過ごし方~

妊娠初期の過ごし方とつわりの吐き気や頭痛を少しでも楽にするための様々な方法を紹介。これで妊娠初期を上手に乗り切りましょう!

「妻が妊娠して家事を手伝えなかった夫が家事代行サービスを企業」に驚き!

つわりで家事ができない時にまず思ったのが

「なんで私が。元気なんだから旦那がやってくれればいいのに・・」

でも自分と同じようにやってはくれないんですよね。

とりあえずやってくれれば何でもいいなんて思いながら、水出しっぱなしの洗い物にイラッとしたり、洗濯物の干し方にダメ出しをしたくなったり・・(-_-;)

当時は家事代行サービスなんて頭の片隅にもなかったけど、このニュースを見てそんな方法もあったんだな~なんて思いました。

 

しかし全く利用したことがないので料金もシステムもわからず。

やっぱりお金がかかることはなかなか決断できませんよね。

どこの家庭も「家事代行サービスに頼んだら楽そうだよね~」で終わることを企業につなげたこの旦那さんがとても気になったので紹介します!

www.huffingtonpost.jp

 

この加茂さんも家事を手伝おうと張り切ったけど、料理・掃除と奥様の思うようにはいかず、奥様は不機嫌に。わかります(笑)

 

そこで家事代行サービスに電話したら見積もりの営業マンを派遣しますと言われたそう。電話したらすぐに家事代行さんが「ピンポーン」とやってくるのではないんだ?!

 

家政婦のテレビのイメージしかない私にはかなりめんどくさい印象・・

値段も2時間で1万近く?!絶対無理!!!( ゚Д゚)

 

ここからすごいのが加茂さん会社をやめて自ら使いやすいサービスとして企業した所。出産前に旦那さんが退社して企業なんて考えられない・・

しかし自らの経験から立ち上げているので、頼みやすいよう営業マンをシステムに置き換えその分利用料を抑えたり、高いスキルが必要とスタッフの時給を1.5倍にするなどスタッフと使用者の立場をものすごく理解している所がすごい。

この旦那さんは主婦の家事の大変さを心から理解してくれていると感じました。

 

ここまでを旦那さんに求めるのはさすがに無理だけど、家事をすることの大変さを理解してくれている行動って心を動かされます。

つわりの奥さんを支えるために、こんなふうに出来ないなりにフォローしようとしてくれる旦那さんが増えたらいいなあ・・なんて思っちゃいました!